読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

混じり気のない気高き青であれ

合理化された近代文明の讃美者

仮面の告白

僕は、過去のブログでも綴ったように大学は世間では所謂Fランク地方私大に通っていた。

高校での成績が自分でもよくわからないほどに良かったのである進路指導の先生に、「君の成績(評定)ならこの大学、授業料半額免除もらえるよ」とアドバイスされ流されるままにその大学へと推薦してもらい、ただ何処か広い海を漂うクラゲのように流されるままに入学が決まった。

それでも、僕の家庭は家族の面倒を見るので精一杯だったので必然的に奨学金を借りるしかなかった。入学金は祖母に出してもらったことに関して言えば、感謝している。

奨学金とは言えども、僕が借りたのは利子付きの方なので、現在大学を中途退学してしまった僕にとってはかなり重い足枷となり、家族にも金銭的にではなく、精神的に負担をかけてしまっていることには自分でも情けない有様である。(補足すると僕は奨学金を一年で切っていて、総額は100万くらいなのだけど半額免除のおかげで50万くらい使っていない奨学金があるので今はこのお金を使って返済している)
↑返済額は利子付きなのでたぶん130〜140万くらいだと思う

ここまで借金を背負ってまで、新たな大学(東大)を目指すとなると道は遥かに険しいのは明らかであるが、僕はこんなところで人生を終えたくない、ここで死を迎えるのならいっそ神風のように刹那の命であった方がいいんだ。


ただ親に迷惑をかけずに生きるには大学に入ることではなく、「社会のシステムにいち早く組み込まれ、社会人という空間での自立」こそが僕の両親の求めている最適解であって、僕は未だ親の期待に応えることも応えるつもりはない。



ー生まれた環境こそ関係はするが、人工的に環境を変えられるように僕らも同じく変えることができるはずなんだ。それを自ら心の盾にするのはダメだ、諸刃の剣でなくては遥か巨大な人間と張り合えるわけがないじゃないか


ー僕はここに誓う、

ーこの不条理な世の中であれ、救いを与えるのは他人でもなく、紛れも無い自分自身だということを。


終わり



おまけ
・僕は色んな人に迷惑をかけて生きているんだと考えるだけで、辛くなることも多いです(ほとんどが親なんですけどね)しかし、どれだけ現状を憎んだって何も変わらないのは当然ですよね。少しでも前に進むことが大事なんです、ボートを漕ぐように…それではまた次回の更新で